プロフィール

mami

Author:mami
- PrintempsPour -

ご注文&問い合わせは
コメントでお気軽にどうぞ~
Twitter&FacebookのメッセージもOKですよ♪
https://twitter.com/PrintempsPour
http://www.facebook.com/pour.printemps

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新のイベント情報はカテゴリの「お知らせ」をご覧ください
春来専用ドッグラン
今日は雨降る前にイベント準備~(*´罒`*)

そして、
今日はおチビたち連れてきてないけどー
春来さん専用ドッグラン🐾にフェンス付けたよーって
父が言うから見に行ってみたʕ•̫͡•ʔ♬✧





写真を送ったら
ハルのドッグランに春が来たね~
と旦那が言っていたよw

もう葉桜だけど、
ハルと最後に行った河津で買った河津桜
元気に育ってるよ~。
2本植えたから
大きくなったらかっこいいな( ´艸`)

暖かくなって来たから、
落ち着いたら、サクも春来専用ドッグランに招待しよう🐕



【2016/03/28 16:49】 | わんこと一緒 | コメント(0) |
いのち
今日は春来さんの誕生日。
生きていたら6歳でした。



急いで生きた春来の人生でした。
旅立ってから5ヶ月。
この歳では稀と言われた癌と闘ってくれた
おりこうさんで甘えん坊のドーベルマンでした。







我が子を失って改めて、
殺処分や人間の身勝手によって失われる
小さな命がいっぱいあることに
寂しさを感じます。

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。
【これから動物を飼おうと思っている方へ】

お願いですから、
可愛い!というだけで
動物を飼うのはやめてください。

動物にも感情はあるし、
大切な命なんです。

もう少し生きられたんじゃないかという命は
たくさんあります。
うちの子も同じです。

なぜ、癌になってしまったのか。
ご飯がいけなかったのか、
生活環境がいけなかったのか
もっと治療をしてあげるべきだったんじゃないか
もっと楽しいことさせてあげられたんじゃないか
.....もっと生きられたんじゃないか

生きたくても生きられなかった
みじかい人生を
飼う前に覚悟し、
責任を取らなければいけないと
思うのです。

人間より遥かに短い命です。
その数年をもっと大切に
毎日尊く思わなきゃいけないんじゃないでしょうか。

ワタシもしかりです。
もっともっと
春来に寄り添ってあげることは出来たのに
きっと全然足りなくて
きっともっと「楽しい」を
わかちあえたんです。

もし、どうしても育てて行けなくなった時は
動物愛護団体さんなど
ちょっと相談すると違うと思います。
里親さんを変わりに探してくれたり、
手は差し伸べてくれるはずなのです。
それは人間のためじゃなく、
その小さな命のために。
きっとまず怒られるます。
それは自業自得と受け止めなければいけないんです。

小さな命を捨てちゃう前に
小さな命を拾う前に
ちょっとだけ立ちどまって
自分の「覚悟」を確認してくださいませんか?
その子は
自分の意思を伝えるすべがないのです。
信頼関係がなきゃ表情も読み取れない
信頼関係があったと思っていても
最期のその時のその子の本当の気持ちはわからないのです。

ワタシがそうであるように.....

どうか、すべての小さな命が
幸せを感じられますように.....


ஐ〰ฺ・:*:・✿ฺ ஐ〰ฺ・:*:・✿ฺ ஐ〰ฺ・:*:・✿ฺ ஐ〰ฺ・:*:・✿ฺ
春来、誕生日おめでとう。
いつか、楽しかったことだけ思い出すことができるようになったら、
思い出のあの場所へ一緒に行こうね。









【2016/02/07 06:18】 | わんこと一緒 | コメント(0) |
家族
春来さんが旅立ってしまってから4ヵ月。
まだまだ、
乗り越えられないママですが、
このタイミングで
年明け早々、
知人宅そばの公園で寒い中捨てられている柴くんを保護している
助けてくれないだろうかと
連絡が入りました。

連絡をもらったその日の朝、
旅立ってから初めて、
春来が夢に現れたのーー。
これは迎え入れろということか、
まだワタシ以外を受け入れないでと言うことか
どっちかはわからないけどw
他に引き取り手が見つからず、
とりあえず我が家で受け入れてみることに。





柊杜もはじめは戸惑っていたものの
柴くんを受け入れたようで、
ひとり寂しく外を見ていることはなくなりました( ´艸`)

何せ、春来よりも若い1歳ちょっと。(推定)
遊びの誘いが絶えませんw
はじめはハウスに逃げ込んでたけど
受け入れることに決めたのか、
自分のベッドでゴロゴロしつつ、
たまには付き合ってやるかー
と、覗きに行きます(*^^*)♪





名前は「桜咲」(サク)男の子ですw
ワタシとしては「颯来」でサクと命名したのですが、
我が家の子達には植物の名前をいれたいらしく、
漢字が変更されました( ̄▽ ̄;)

人懐こっくお利口さん(ᐡ ´ᐧ ﻌ ᐧ ᐡ)
なぜお前は前のご主人様においてけぼりになっても
追いかけなかったんだい?
こんなに人間が好きなのにー。
でも、
人間が好きということは
虐待されていた訳ではなく
愛されて育ったんだろうねー。
拾われた時もシャンプーの香りがしたそうだよ。
サク、
ゆっくり大きくなってね。
ハルの歳を超えて、いつまでも元気に。
ここはお前の最後の家族だよ。
もうどこにも行かなくていいからね。

ママはまだ少し、
お前の仕草がハルに似ていて凹むけど、
でも愛して行くからねー。


我が家がまた2人と2匹の
賑やかな家になりました(^▽^)
よろしくお願いします。







【2016/01/23 13:27】 | わんこと一緒 | コメント(1) |
柊杜 7歳birthday
今日はいつもの配達と
委託先への納品と~と朝から動いていましたが

いいお天気&柊杜の誕生日だったので、
助手席に柊杜を乗せてお供させましたw

正月明けでいつも誕生日ケーキは間に合わないけどー
1日遊ばせよう!
7歳になった柊杜はまだまだやんちゃです(*゚∀゚)アヒャヒャ
春来の分も長生きしてねー♡

確か納品先のtiptopさんの近くに運動公園があったなーと
地図確認したらばー
その公園のすぐ目の前に「あけぼのこどものもり公園」と書いてあるー
これは行ってみたかったとこでは!?
と思い行くことに(⌯꒪͒ ૢ∀ ૢ꒪͒)

納品先でたまたま会っためぐちゃん親子も誘って
行ってみましたー🐾







なんか想像と違ったーw
もっと山の中にポツンとあるものと勘違いー

なかなかいい建物がいくつかあって、
いいお散歩コース🐶
でも、柊杜は建物の中には入れないけどねー

そのあと、
めぐちゃん親子と別れて、
近くの公園をお散歩~





遊びまくったので、
満足したかなー。
ママは疲れましたよーw
あ、でもこのくらいしても痩せないこのカラダ💧


【2016/01/05 14:59】 | わんこと一緒 | コメント(0) |
春来の優しさ 【闘病記最終】
ワタシの勝手な心の整理のための
闘病記にお付き合いいただき、
ありがとうございました。
お陰様で、
思ったよりもすーっと
心が軽くなりました。
そして、
なんだか居なくなってすぐの
幻が浮遊している感覚ではなく、
本当にすぐ傍で
春来が笑ってくれているような、
そんな感覚になりました。



春来が癌になってみて初めて、
犬の癌は珍しくないのだと知りました。
舌癌とか肺癌とか、
春来よりもっと若い3歳の子が亡くなったと
散歩してて、話しかけてくれた奥様が言っていました。
乳腺癌も避妊してなかったとか
してたとか、
関係なく、癌になる時はなるのよ と
励ましてくれました。
この時初めて話した方です。
春来に話しかけてくれて、
ワタシと少しの間話を聞いてくれました。

うちの御近所さんは
ドーベルマンでも怖がらずに
話しかけてくれたり、
春来を可愛がってくれる方が多かった。
本当に恵まれた地域で春来を
育てられて良かった。

わが子のように可愛がってきた子が
まさかそんなに早く逝ってしまうなんて
想像もしないから、
どうしたらいいか思い悩み、
何百万円とかかけて、
癌専門医療に駆け込む方も多いとか。
ワタシもそうしたい思いもありましたが、
果たして治療がその子にとって苦痛にならないだろうか。
少しでも傍にいてあげる方が、
安心した時間を送れるんじゃないか
とも思います。

ワタシはそれで、
春来の寿命を縮めてしまったのかもしれないけれど、
毎晩一緒に寝て、
頑張ってる春来により添えたことは、
大切な時間でした。
夜中に柊杜がいて寝返りが打てないと、
カラーを当てないように、
そっとワタシを起こしに来たり、
嘔吐して、お布団濡らしてしまうと申し訳なさそうな顔をしたり、
苦しいのに、
最後まで歩いてくれた。
いつか、散歩中に倒れて、
動かなくなったら、どう運ぼうか、
寝たきりになったら、
どうしてあげるのがいいのか。
いろいろ覚悟をしていたのに、
ワタシにそんな苦労もさせずに、
辛い顔も見せずに、
逝ってしまった春来を
本当に愛おしく、
本当にママを好きでいてくれたんだと、
思うから。

この選択で、
今は納得しています。
病院は好きだけど、
ママから離れて治療室に行くのが
本当に嫌だと訴える子だったから、
これがワタシの出した結果なんです。

みなさまの、
愛犬がもしもの時、
愛犬と良く話し合って、
いい結果がだせますように.....

柊杜がようやく、
ひとりでもイビキをかいて寝れるようになりました。
一緒に、少しづつ前進です。






では。
これだ春来の闘病記は終了いたします。
ありがとうございました。




【2015/09/28 19:19】 | わんこと一緒 | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター